保育士の魅力はこんなところ!資格を活かして働こう!

子供が大好きな方必見!

保育士の魅力は何と言っても子供成長を間近で実感できること。自分が子供たちに教えたことができるようになり、成長した姿を見られるのも保育士のやりがいを感じられる魅力のひとつです。子供たちからは、喜びや感動をたくさん与えてもらえるので、日々やりがいを感じながら子供と共に成長したい方に保育士はおすすめの仕事でもあります。また、保護者から感謝の言葉をかけられることもあるでしょう。保護者をサポートする仕事でもあるので、保護者からの「ありがとう」などの感謝の言葉に喜びを感じることができるでしょう。

子供たちから教えてもらえることも沢山!

保育士として働くとなると子供たちに生活習慣を身につけさせたり、心身を鍛えなければならないなど教えなければならないことがたくさんあるのではないかといったイメージを持つ方が大半かもしれませんが、保育士側も子供たちから日々沢山のことを与えられ子供を通して学ぶことができるでしょう。子供たちは、素直で気持ちが真っ直ぐなのもかわいいですね。こんな可愛らしい子供たちと日々を過ごすことで人間性や自己を高めることもできるでしょう。

保育士になるための道のり

保育士になりたい。こんな希望があってもどのようになればいいのか分からないという方も多いかもしれません。保育士になるためには、まず国家資格である保育士資格を取得することが必須になります。指定保育士養成施設にて保育士資格を取得する方法もあります。指定保育士養成施設になっている専門学校や短大、大学で学ぶことで卒業と同時に保育士資格を取得することができるので、効率よく憧れの保育士になりたい方はチェックしてみましょう。

近年、雑誌だけではなく、ネットで求人情報がとても多く増えているのが保育士の求人で、応募者数もとても多く増えています。

看護師の看護と福祉における介護の違いはどこにあるのでしょう

介護は看護から分化したものです

介護は元々は看護の中で行われていた行為そのものです。そのために看護の領域からすれば、介護は看護の一部であると言われています。高齢化社会が進むにつれて、介護を専門とする介護福祉士やホームヘルパーなどの資格者が誕生するようになりました。いわば、資格が誕生し「介護職」が生まれたことで、看護の分野から介護が分化することとなりました。介護の種類には、見守り、指導・助言、介助がありますが、病気の予防などは看護の一部でもあり共通しているところが多いのが事実です。

看護と介護は活動領域の違いでもあります

福祉職として登場した介護は、看護のような幅広い活動領域ではありません。看護は病気や病人を対象として介護するのに対して、福祉における介護は「障害を対象としている人」の領域となります。例えば、高齢者が転倒して骨折し、手術をする場合を考えてみます。手術前も手術後も歩けないので介護は看護の仕事となります。要は病気の介護は看護の領域ですが、歩行障害が残ったまま退院したり施設に入所したあとは、介護職の対象となります。

看護師の教育内容から外れたところ

看護の領域から考えると、障害を持って生活をする人々に対する介護は仕事として十分に行うことは可能です。しかし、介護職が病気や病状に応じて、その回復をはかりつつ、特に病状を悪化させない介護を行うことは、現在の看護教育にはありません。このあたりが、看護職と介護職の領域の違いになっています。しかし、介護の技術の多くは、いまのところ看護の中にあります。障害者に対する介護の独自性が新しく創出されるのはこれからといえます。

ご高齢の方が増えてきた現在、介護の求人はたくさんあります。人から直接「ありがとう」と言われるやりがいのある仕事です。

意外と難しくない!?未経験からフォークリフトの技術を積む方法

経験や練習無くして仕事に就くのは難しい

フォークリフトの免許自体、最低でも数日間の講習時間を確保さえ出来れば取得はそれ程難しいものではありません。多少実技試験に時間を要したとしてもギリギリであれば温情で合格させてもらえる可能性もあり、緊張から来る失敗さえなければ女性や機械音痴の人でも高い確率で取得出来るものなのです。ですが実際にフォークリフトを扱う仕事となるとそうはいきません。そこでのミスや失敗は即事故や大切な商材の損傷に繋がるばかりでなく、顧客からの信頼も失ってしまうからです。それゆえフォークリフト運転者の求人は新卒でも無い限り、実務でフォークリフトを扱った事の無い未経験者の採用は非常に厳しいと思った方が良いでしょう。

ではどこで経験を積めるのか?

フォークリフト運転と直接求人内容に書かれていなくとも、間接的にそれらを扱う場面に接する事の出来るアルバイトから始めてみるのが一番でしょう。とりあえずフォークリフト免許を取得し、それらを頻繁に扱う物流倉庫や工場といった職場からのアルバイト求人に応募してみる事です。その際内容は一般の倉庫内作業や軽作業でも十分。面接時にフォークリフト免許がある事を伝えておけば、メイン業務の合間に軽く練習させてくれたり、簡単な作業から慣れさせてくれる可能性もゼロでは無いのです。ただし派遣バイトで応募する場合は事務所側との仕事内容の取り決めもあり自由度は低く、フォークリフトの運転までさせてくれないケースが多いので注意するべきでしょう。

自営業での利用なら気兼ね無く上達出来る

自営業でフォークリフト運転の必要性が生じる場合、例えば農業や園芸店で重量級の物品をパレットごとで扱うケースでは、自前でフォークリフトを所持し使いこなす必要があるでしょう。その際フォークリフト自体を購入しなければなりませんが、それは自らの所有物ですから何の気兼ね無く好きなだけ練習する事が出来るものです。ただしミスによる破損や故障といったトラブルに対しても自分自身で対処しなければならず、デリケートな扱いが求められるところですよね。

フォークリフトの求人に応募をする方法については、様々な転職サイトで紹介されており、きちんと条件を確認する必要があります。