意外と難しくない!?未経験からフォークリフトの技術を積む方法

経験や練習無くして仕事に就くのは難しい

フォークリフトの免許自体、最低でも数日間の講習時間を確保さえ出来れば取得はそれ程難しいものではありません。多少実技試験に時間を要したとしてもギリギリであれば温情で合格させてもらえる可能性もあり、緊張から来る失敗さえなければ女性や機械音痴の人でも高い確率で取得出来るものなのです。ですが実際にフォークリフトを扱う仕事となるとそうはいきません。そこでのミスや失敗は即事故や大切な商材の損傷に繋がるばかりでなく、顧客からの信頼も失ってしまうからです。それゆえフォークリフト運転者の求人は新卒でも無い限り、実務でフォークリフトを扱った事の無い未経験者の採用は非常に厳しいと思った方が良いでしょう。

ではどこで経験を積めるのか?

フォークリフト運転と直接求人内容に書かれていなくとも、間接的にそれらを扱う場面に接する事の出来るアルバイトから始めてみるのが一番でしょう。とりあえずフォークリフト免許を取得し、それらを頻繁に扱う物流倉庫や工場といった職場からのアルバイト求人に応募してみる事です。その際内容は一般の倉庫内作業や軽作業でも十分。面接時にフォークリフト免許がある事を伝えておけば、メイン業務の合間に軽く練習させてくれたり、簡単な作業から慣れさせてくれる可能性もゼロでは無いのです。ただし派遣バイトで応募する場合は事務所側との仕事内容の取り決めもあり自由度は低く、フォークリフトの運転までさせてくれないケースが多いので注意するべきでしょう。

自営業での利用なら気兼ね無く上達出来る

自営業でフォークリフト運転の必要性が生じる場合、例えば農業や園芸店で重量級の物品をパレットごとで扱うケースでは、自前でフォークリフトを所持し使いこなす必要があるでしょう。その際フォークリフト自体を購入しなければなりませんが、それは自らの所有物ですから何の気兼ね無く好きなだけ練習する事が出来るものです。ただしミスによる破損や故障といったトラブルに対しても自分自身で対処しなければならず、デリケートな扱いが求められるところですよね。

フォークリフトの求人に応募をする方法については、様々な転職サイトで紹介されており、きちんと条件を確認する必要があります。